上半期の新車のトレンドをのぞき見

新車販売台数が発表され、本年度上半期の
数字が明らかになりました。
去年の上半期分も載せましたので
早速比較してみましょう。

 

◆2017年度上半期 新車販売台数

依然としてプリウスが総合1位を獲得して
います。2位との差は1万台ほどとあと半年も
あれば十分逆転があり得ます。

また、定番の車種が並んでいますが、
そんな中ニューモデルのC-HRやルーミー・
タンクも確実に人気を得ています。

 

◆去年との比較

 

<プリウスに飽きた?ノートがすごい?>

去年と比べるとプリウスが1位では
あるものの、販売台数は去年の約半分と
なりました。モデルチェンジして1年半が
経過しましたがマイナーチェンジや
一部改良をおこなっていない事も影響して
販売台数が低下したといえます。

その裏付けとして、ノートが挙げられます。
去年の11月にe-powerが登場してから
ノートの売上台数は増え、去年の1.5倍以上と
売り上げを伸ばし、プリウスの背中を完全に
射程圏内としました。

 

<ミニバンにも変化が>

去年はシエンタやヴォクシーが人気でしたが、
モデルチェンジしたフリードがトップと
なりました。次いでシエンタやヴォクシーが
続きますが、こちらも去年モデルチェンジした
セレナがそのすぐ後ろを追走してします。

 

<C-HRの一人勝ちか?>

SUVにおいてはニューモデルのC-HRが
他車を大きく引き離して売り上げています。

年間1位を取り続けてきたヴェゼルも
5000台ほど減少していますが、安定して
販売できています。

 

◆まとめ

全体的に定番の車種が名を連ねていますが、
そこにC-HRが登場し、TOP5に入るほどの
好調ぶりです。好調さが目立っていますが、
じつは、ヴェゼルも2013年12月に登場し、
2014年4~9月では57,693台で5位に
入っています。

今ではSUVの定番となり順調に売れ続けている
ヴェゼルのようにC-HRもなれるかという点も
注目です。

勢いにのるノートですが、日産の不正問題が
どう反映するかも注目していきましょう。

愛車の査定額をチェック!

無料&1分でわかるよー!

ズバットzubat

かんたんに無料一括査定できるので、現在の愛車価格を知ることで車購入計画が具体的になるかも!
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない ので気軽に査定額チェックしてみよう!
ズバット査定スタート! ズバット

車を探す時間がもったいない!

車探しはプロに無料で依頼!

車購入zubat

知っていますか?インターネット上に出ている車両は30%ほどで、残りは非公開です。車探しのプロが60万台以上の非公開車両からあなたの希望に合う車を探してくれます。
⇒依頼したからって絶対に 買う必要はない のでお気軽に!
購入依頼スタート! 購入ズバット

コメントを残す