マツダがリコール届け出!エンジン不具合が原因か

 

「走行中にエンジンが止まった」

 

これは、昨年からマツダが製造した車種で実際に起こったトラブルの事例です。

 

マツダは9月1日、自車で製造した車種のリコール(無償回収・修理)を国土交通省へ届け出を行いました。

 

マツダがリコールの届け出を行うのは、デミオとアクセラのリコールを届け出た今年7月以来となります。

 

走行中に「すす」が溜まる可能性

exhaust-517799_640

今回、リコールの対象となった車種は、「アクセラ」「アテンザ」「デミオ」「CX-3」「CX-5」「プレマシー」日産「ラフェスタ」の7車種、合計47万9940台に上ります※ラフェスタは、日産自動車へのOEM(相手先ブランド名製造)供給です。

 

マツダが届け出たリコールは、「エンジン制御」「リヤゲート塗装」の不具合が関係しています。

 

具体的には、ディーゼルエンジン車の走行中に排出されるはずの「すす」が、エンジン制御の不具合が原因でバルブ内に溜まる事でバルブ性能が低下し、結果的にエンジンが止まってしまう不具合です。

 

これらが原因とみられるトラブルが、昨年2月以降に846件発生していますが、けが人は出ていません。

 

塩害地域では、リアゲートが腐食する可能性がある

stainless-962464_640

また、リヤゲートを支える金属製パイプの塗装が不十分で、塩害地域において塩分が関係して腐食する可能性があります。

 

その結果、リヤゲートを開けた時にパイプを覆っているカバーが飛び散る可能性があるという事です。

 

ちなみに、このリヤゲートのリコールは、日産自動車も同様のリコールを届け出ています。

 

アクセラやデミオなどの「売り時」はいつ?

 

今回のリコールの対象車種「アクセラ」「デミオ」などは、リコールが原因の販売台数減少などで、急激に価値が下がり売却時に損をする可能性があります。

 

そうならない為にも、最新の査定額と愛車の価値が分かる、下の「(無料)一括査定スタート!」をする事をおすすめします!!

 該当車種以外を安く買えるかも?

 

今回の該当車種以外の「非公開情報車」を無料で探してくれるプロに任せてみませんか?

 

「非公開情報車」も、下の「(無料)非公開車両をチェック!」内にいる専門のプロがしっかり見つけてくれるので、効率よく車探しが出来ますよ!!

愛車の査定額をチェック!

無料&1分でわかるよー!

ズバットzubat

かんたんに無料一括査定できるので、現在の愛車価格を知ることで車購入計画が具体的になるかも!
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない ので気軽に査定額チェックしてみよう!
ズバット査定スタート! ズバット

車を探す時間がもったいない!

車探しはプロに無料で依頼!

車購入zubat

知っていますか?インターネット上に出ている車両は30%ほどで、残りは非公開です。車探しのプロが60万台以上の非公開車両からあなたの希望に合う車を探してくれます。
⇒依頼したからって絶対に 買う必要はない のでお気軽に!
購入依頼スタート! 購入ズバット

コメントを残す