中古車査定・買取りで高く売る方法トップへ > 震災、災害に遭った愛車でも高額査定!

震災、災害に遭った愛車の対処方法

震災や災害に遭った愛車は、どのような運命をたどるのか、過去の一般的な事例をご紹介します。

地震・震災

震災画像記憶に新しいのが、2011年に起きた東日本大震災です。このときには、大量の自動車が津波に巻き込まれ、福島県、宮城県、岩手県の3県だけでも、少なくとも23万台の被災車両が発生しています。

特に津波による浸水で自動車は使用不能の状態となり、その多くはスクラップ扱いとなりました。但し、津波によって多くの自動車が所在不明となったほか、所有者が亡くなっている場合も多く見受けられます。そのため、自治体では被災車両を一定期間、仮置き場にて保管しておき、最終的に所有者と連絡がつかない場合には自治体が処分を実施しています。

一方、津波の被害は受けずに、地震による建物の倒壊等に巻き込まれた自動車は、その程度に応じてスクラップあるいは修復がおこなわれています。なお、廃棄処分される自動車から、使用可能な部位を取り外し、中古部品として利用することも一般的におこなわれています。

水没車・台風などの自然災害車

震災画像2017年7月の九州北部豪雨では土砂崩れの影響で車が土砂に埋まったり、木や土砂と一緒に流され、原形をとどめていない車もありました。

災害の内容にもよりますが、台風やゲリラ豪雨による水害、あるいは土砂崩れなどに巻き込まれた自動車は、被害の程度によってスクラップされますが、水害車や災害車という但し書き付きで流通し、海外に輸出されるケースも見受けられます。

一方、火災に遭った自動車は、全焼の場合はスクラップ処分されますが、使用可能な部位については、スクラップ処分される前に取り外し、パーツとして再利用される場合もあります。

また、部分的な被害で済んだ場合には、修理により継続使用が可能となる場合もあります。

被災したことを機に車の買い替えを検討している場合は、現在の車の価値がいくらか?を知ってからでも遅くはないです。まずは無料で車の一括査定をして、買い替えか、修理かの判断材料にしてみてはいかがでしょうか?査定したからって絶対に売る必要はありませんので、気軽にPCかスマホでチェックしてみてください。

任意保険は下りるのか?

任意保険は、地震や津波による被害を補償対象外としています。但し、地震・津波特約を付帯している場合にはこの限りではありません。

一方、台風やゲリラ豪雨等による災害に遭った自動車は、任意保険が下ります。しかしながら、これは車両保険からの支払いとなるため、車両保険を掛けていない場合には、保険が下りませんので注意が必要です。

まずは修理か?買替か?の判断材料として現在の価値をチェック!

最大10社から最高額を選べる

ズバットzubat

全国の買取店ネットワークから、複数社に査定依頼が可能!
査定依頼は簡単約1分の入力で完了。
被災した車を買い替えるか、そのまま乗り続けるかの判断材料にしてみては?もちろん査定したからって絶対に売る必要はないので気軽に試してみてください。
ズバット査定スタート! ズバット


カービュー事故車査定

廃車・修理の前に!

カービューcarview

他社で0円って言われた方!全国の事故車専門買取り店に査定依頼しましたか?こちらなら安心全国買取りネットワークから査定依頼は簡単約3分の入力で複数社に査定依頼が可能!
事故車の修理、廃車処分などを検討の方!まずは愛車の価値をチェック!!
カービュー査定スタート! カービュー


都道府県別車買取・査定対応地域

北海道・東北地方:
北海道 | 青森 | 岩手 | 秋田 | 宮城 | 山形 | 福島
関東地方:
東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬
甲信越・北陸地方:
新潟 | 山梨 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
東海地方:
愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
近畿地方:
大阪 | 兵庫 | 京都 | 奈良 | 滋賀 | 和歌山
中国地方:
山口 | 広島 | 岡山 | 鳥取 | 島根
四国地方:
徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄地方:
福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄