カローラ2車種がマイナーチェンジ

トヨタのカローラシリーズの「アクシオ」と
「フィールダー」がマイナーチェンジを
行いました。

10月11日より販売を開始しました。
今回は特に大きなマイナーチェンジではなく、
細かな部分に変更が行われました。

 

◆安全性能の充実化

今回のマイナーチェンジの内容は
予防安全装備、機能を充実させたことです。

「Toyota Safety Sense C」を標準装備と
インテリジェントクリアランスソナー
(パーキングサポートブレーキ)を新たに
設定しました。

インテリジェントクリアランスソナー
(パーキングサポートブレーキ)は
駐車場などにおけるアクセルペダル踏み
間違い時の衝突被害軽減につながります。

また、コンビニなどのガラスにもソナーは
反応してくれるのでより安心感があります。

アクセルペダルを踏まずに定速走行が
できるクルーズコントロールを新たに
設定しました。

 

◆変更点

<エクステリア>

フロントバンパーやグリルのデザインが
変更されました。フロントバンパーが
ややアクア似になった気がします。

 

<インテリア>

助手席側インストルメントパネルに
メッキ加飾を施して上質さを
演出させました。

アクシオのHYBRID、1.5X、1.3Xの
シート色にブラックを採用し、
上質さを演出させました。

 

<ボディカラー>

“W×B”専用色のほか、フィールダー・
アクシオぞれぞれの特徴にあわせた
各9色があります。カローラアクシオには
アバンギャルドブロンズメタリックと
クールボルドーガラスフレーク
(オプション設定)を新しく登場しました。

 

【新パッケージ“W×B”】

<エクステリア>

メッシュパターンの専用グリルを採用し、
スタイリッシュさを表現しました。
カローラフィールダーには、シルバー塗装を
施したルーフモールを設定しており、
ステーションワゴンならではのびやかさを
演出しました。カローラアクシオには
リヤスポイラーを採用し、スポーティさを
演出させました。

 

<インテリア>

シート表皮を変更し、上質でスタイリッシュさ
を演出しました。
シートデザインは、シートバックにグレーの
ストライプ加飾を採用しました。
カローラフィールダーで好評だった
専用シート色ホワイト(オプション設定)を、
カローラアクシオにも採用しました。

 

<ボディカラー>

“W×B”専用色としてブラッキッシュアゲハ
ガラスフレーク(オプション設定)と
センシュアルレッドマイカ(オプション設定)
を新しく採用しました。

 

<ハイブリッド車の燃費向上>

ハイブリッド車は、エンジン・などの制御を
改良したことで燃費性能を高くなり、
走行燃費34.4km/Lとなりました。

 

◆価格

 

 

◆まとめ

今回のマイナーチェンジは主に安全性能の
標準装備でした。

トヨタだけでなく、他のメーカーも
マイナーチェンジ=安全性能の標準装備が
まだ続きそうです。

カローラといえば登場してはや50年を
超えました。これからどんな進化を遂げるのか
楽しみですね。

愛車の査定額をチェック!

無料&1分でわかるよー!

ズバットzubat

かんたんに無料一括査定できるので、現在の愛車価格を知ることで車購入計画が具体的になるかも!
⇒査定したからって絶対に 愛車を売る必要はない ので気軽に査定額チェックしてみよう!
ズバット査定スタート! ズバット

車を探す時間がもったいない!

車探しはプロに無料で依頼!

車購入zubat

知っていますか?インターネット上に出ている車両は30%ほどで、残りは非公開です。車探しのプロが60万台以上の非公開車両からあなたの希望に合う車を探してくれます。
⇒依頼したからって絶対に 買う必要はない のでお気軽に!
購入依頼スタート! 購入ズバット

コメントを残す